確実な処置

美容整形技術の進歩により、最近ではメスを使用せずに行える埋没法などの切らない二重整形が人気ですが、切開法と呼ばれるメスを使った整形もやはり人気があります。
切開法には、全切開法や目尻切開、目頭切開などの方法があります。

切開方法はやはり、メスを使って皮膚を切るので、切らない方法に比べると時間もコストもかかりますが、より確実に自分の求める理想の目を手に入れることができます。
理想のまぶたを実現したい、半永久的に効果を持続させたいという方には、この方法が適切であるといわれています。
また、目の印象を腫れぼったくさせる大きな原因となっている、脂肪の除去なども同時に行えるメリットがあります。

それでは切開法に関して詳しくご紹介させていただきます。
全切開法と呼ばれるものは、まずはまぶたの二重にする部分を決めて、その部分に合わせてメスを入れていきます。そして、切った皮膚から余分な脂肪を取り除き、キレイにしてから縫い合わせていきます。
処置時間はおおよそ30分程度で、完璧な二重を手に入れることができます。
切らない二重手術の場合は、医療用の糸を利用した方法であるため、一重に戻ってしまう可能性がありますが、切開法を使えば永久に二重を持続させることができます。
脂肪除去と二重手術によって、パッチリとして、可愛らしいまぶたを手に入れることができます。
腫れぼったい目も、すっきりとした印象に代わり、顔の印象を大きく変えることができるのです。

自分の理想とする目のタイプに合わせるために、いくつかの目のタイプの中から選んでいただけます。
最先端の縫合技術を利用しているので、まぶたの傷口はまったく見えず、自然な仕上がりを期待できます。
しかし、メスを入れる整形手術であるため、術後は目の腫れや痛みが伴います。
また抜糸までは眼帯が手放せなくなるので、注意して下さい。

術後半年もたてば、腫れも完全に引いて、驚きの効果を実感して頂けると思います。
プチ整形や埋没法に対して、不安や疑問がある方には、全切開法がオススメです。
まずはお近くの美容整形外科で、医師とのカウンセリングを受けて、自分にぴったりな方法を見つけてください。