パッチリな目を手に入れる

ぱっちりとした可愛らしい目を手に入れるためには、一重を二重に変える埋没法と呼ばれる方法が適しています。
切らない埋没法は、医療用に開発された、非常に細い糸を使っておこないます。

埋没法は、皮膚の下側に糸を埋めることによって、まぶたを切らないで二重にすることができるのです。
今までの手術に比べて、格段に短時間で処置が終了するほか、手術後の痛みや腫れもあまりありません。

少しは腫れが残ることもありますが、痛みはすぐに消えて翌日からメイクが可能ですし、シャワーを浴びることもできます。
メスで切らない整形であるため仕上がりは非常に自然で、もともと二重であったかのように感じるでしょう。

処置中は局所麻酔を行います。
注射するときには、少しだけチクリと痛みを感じますが、それ以降はなんの痛みも感じずに整形を受けることができます。
術後は、麻酔の効果がかなり長く持続しますので、目が重い、まぶたに違和感があると感じると思いますが、翌日には治っています。
どうしても違和感が取れないという場合は、冷やしたタオルを目に当てると症状を軽減させることができます。

とても簡単な手術ではありますが、翌日までは目を強くこすったりすることは禁物です。
術後はまだまだ糸が安定していないため、確実に二重まぶたをつくるには、2~3日は目に刺激を与えないようにしましょう。
二重まぶたが完全に完成するまでは、人によって個人差がありますが、2週間から3週間程かかります。

切らない埋没法は、二重手術の中でも特に簡単な部類に属するもので、施術にスピードを求める方にはオススメの方法です。
また、埋没法よりもさらに、早いスーパークイックと呼ばれる方法は、さらに早い処置時間で二重まぶたを手に入れることができます。
やり方は埋没法と同じですが、糸の一点止めと呼ばれる方法で行うので、元に戻りやすい特徴があります。

そのため、普通の埋没法に比べて補償期間が長く、保証期間中に元に戻ってしまった場合は、無償でスーパークイックを行うことができるのです。
手軽で簡単に行える埋没法は、二重まぶたを求める女性に人気があり、様々な美容整形外科で行われています。

口コミサイトでも、たくさんの埋没法に関する記載がありますので、ぜひお試しください。